相続問題を弁護士に依頼するメリット

遺産相続は法律上の決まりごとや感情が絡み合う複雑な問題で、一般の人では解決が困難な事態になることも少なくありません。


トラブルを未然に防ぐため、または問題を解決するためには専門家の手を借りるのが一番です。

相続問題を法律の専門家である弁護士に相談すると、次のようなメリットがあります。
弁護士は法律上の争いのある事件処理を業務としているので、実際にトラブルが起こる前に、争いになった場合に問題になる点を予測してアドバイスすることができます。遺言の作成を例にとると、法的に有効な、将来もめない遺言書を作成できます。

OKWaveをご提案いたします。

相続争いが発生するような、手続き上のミスやトラブルの種を未然に摘み取ることが可能です。
相続発生後、遺産分割についての意見が分かれたとき、各相続人の意見を調整して解決し、遺産分割協議書を作成するのは弁護士だけができる業務です。


司法書士や行政書士等に依頼した場合には、協議で決まったことを書面に残すことは出来ますが、協議がまとまらない場合の調整はできないため弁護士に依頼することになり、二度手間です。



また、実際にトラブルに発展した場合、相手方との交渉は全て弁護士に任せることができます。家事調停、家事審判、遺留分減殺請求訴訟、強制執行など全て代理になることができます。

司法書士や行政書士ができるのは書面作成のみなので、相手方との交渉を依頼することはできず、相手方からの接触を阻止することはできません。

相続といえばこちらのサイトです。